Velocidade Online

Mundial - Sport Protótipos

MUNDIAL - WEC

Terça, 10 Setembro 2019 11:56 | Actualizado em Segunda, 23 Setembro 2019 07:59

Nobu Yamanaka makes gains with Nielsen Racing

 
Nobu Yamanaka continues to gain speed and confidence, something underlined last weekend in the fourth round of the European Le Mans Series at Silverstone.
The race came off the back of a successful test at the Sepang Circuit where Nobu completed an extensive programme with Eurasia Motorsport in the new Ligier JS P217 as part of his wider ambitions for the 2020 season.
 
Teaming up with James Littlejohn in the #8 Nielsen Racing Ligier LMP3, the Japanese racer looked set for his best result of the season as he ran in an impressive fifth position. A late race drive through penalty for a pitstop infringement however dropped him to ninth position at the chequered flag.
 
With the pace to finish with the sister Nielsen Racing entry, it was overall a positive weekend, especially given the lack of testing at the British venue, as Nobu continues his driver development programme.

James started the four-hour endurance event from 11th position, making a good start to gain four position. Just as the race was starting to settle down, the British weather took a change of heart and doused the circuit with rain. It was only a brief shower, but along with most of the LMP3 runners, James pitted for wet Michelins before swapping back to slicks as the circuit dried. Using fuel strategy well, he worked his way up to fourth before handing over to Nobu at the 55 lap, 100-minute mark.
 
Nobu was quickly up to speed and into a good rhythm in fifth position and lapping in the 2:01 range – his target as a bronze driver. It was a strong stint for Nobu as he put in a sequence of consistent laps, lapping on a similar pace to teammate Tony Wells in the other Nielsen Racing entry.
 
However, on his 80th lap the series organisers called Nobu in for a penalty as he was adjudged to have started the Nissan-powered car seconds before refuelling had been complete. Resuming in ninth, Nobu brought the car home safely to the chequered flag.
 
The next round of the European Le Mans Series takes place at Spa-Francorchamps on the weekend of 21-22 September.
 
Nobuya Yamanaka
“It was difficult at times and I thought I was struggling for pace, so now looking after the race itself, it is satisfying to see that I have made gains this year and I was close - and at times better than the pace of my Bronze rivals. As the stint progressed, I found I could take the sweeping corners (Maggots, Beckets) so much better which helped with the straight-line speed down the Hanger Straight. I got more and mileage and this improved my middle sector which hadn’t been so good before. In the end, I was comfortable in the car and it was good experience for me.”

山中 信哉は、ELMS SilverstoneレースにNielsen Racingから参戦し進化を遂げた。
 

山中 信哉、速さと自信を得て彼のドライビングスキルは進化している。その結果が先週のSilverstone European Le Mans Series 第4戦で明確になった。
チャンピオンシップの第4戦では、このレースに先立ち、Nobuの2020年シーズンの大きな目標に向けてのプログラムの一環として、Eurasia Motorsportとチームを組んで新車のLMP2 Ligier JSP217を 駆ってSepang Circuitで実施した膨大なテストを成功裏に終えた成果が見られた。
 
James Littlejohnとチームを組みNielsen Racing #8 Ligier LMP3をドライブする日本人レーサー Nobuは、今シーズンのベストリザルトを獲得すると思われる印象的な走りを見せレース中盤まで5位をキープしていた。しかし、その後、ピットストップ時の違反に対しドライブスルーペナルティを科され、9位まで順位を落としチェッカーフラッグを受けた。

Nielsen Racingの2台目は5位に入賞する速さを見せ、特に、英国のこのサーキットでのテスト不足を考慮すれば全体的にはポジティブな週末の中、Nobuのドライビングスキルデヴェロップメントプログラムはこれからも継続する。
 
Jamesは11番グリッドから4時間耐久レースを開始し、そして、4つポジションを上げる良いスタートをした。レースが落ちつき始めて来た頃、英国の変わりやすい天気はコースを雨で濡らした。それは短時間のにわか雨であったが、大部分のLMP3ランナーと同様に、その後、コースが乾いてきてスリックタイヤに戻す前のことであるが、Jamesはピットに飛込みMichelinのレインタイヤに交換した。燃料給油戦略も奏功し、55周目(100分経過時点)Nobuに車を渡す前には4位まで順位を上げた。
 
Nobuは、5位のポジションで、良いリズムで素早くレーススピードで走り出し、ブロンズドライバーの彼のターゲットタイムである2分1秒台で周回を重ねた。それは、Nobuのとても力強いスティントで、Nielsen Racingの2台目をドライブするチームメートのTony Wellsと同程度のペースの安定したタイムをマークしながらラップを重ねた。
 
しかし、Nobuの80周目、シリーズの競技役員は、彼が給油が完了する1秒前にエンジンを始動させたと判断し、ペナルティのためにピットに呼び入れた。ドライブスルーペナルティを消化したNobuは9位でコースに復帰し、その後レースを手堅く戦い、Ligierをチェッカーまで無事に走らせた。
 
European Le Mans Series 次戦は、9月21日-22日の週末にSpa-Francorchampsで開催される。

山中 信哉
「とても厳しかったです。レースペースで走るために苦闘していると思っていたので、速いタイムで走ることより、レースそのものに気を配っていました。今年、自身のドライビングスキルが向上したことを実感できて満足しています。そして、ライバルのブロンズドライバーのペースより時々ですが良かったと思いました。曲がりこむ高速コーナー(Maggots, Beckets)を速く抜けるコツを掴み、続くHanger Straightの直線速度をアップさせることに役立った。マイレージ(乗車距離)が増すに従い、最初のころは余り良くなかった中間セクターも上達しました。最後に、レース中、運転は快適で、そして、私のための良い経験でした。」


Facebook
Facebook
Visitas
Visitantes em linha
contador gratuito de visitas Total de visitas
Contacte-nos