Velocidade Online

Mundial - Sport Protótipos

MUNDIAL - SPORT PROTOTIPOS - ASIAN LE MANS RACE

Terça, 08 Janeiro 2019 11:43 | Actualizado em Quinta, 12 Dezembro 2019 07:11

Rookie racer Nobuya Yamanaka making great strides heading to Asian Le Mans Buriram round

 
After a short pause in the calendar for the festive break, Nobuya Yamanaka will be back in action next weekend (11-13 January 2019) for the third and penultimate round of the Asian Le Mans Series which takes place at Buriram International Circuit, Thailand.
It’s been a solid start to the campaign for the Japanese rookie driver who is sixth in standings with 15 points. Teaming up with Aidan Read and Eurasia Motorsport, the first round of the championship in Shanghai saw the team step onto the podium with a fine third place finish in the LMP3 class.
 
This was followed up with a competitive outing at Fuji Speedway where Nobu made great strides in his pace compared to that of his Pro teammate, despite an unfortunate spin. Ultimately car issues resulted in a failure to finish, but he now heads to Buriram keen to show the performance gains made whilst competing at this high level.
 
Nobu spent two days testing at the venue, 400km north-east of Bangkok, with the team last year so will be familiar with the circuit. This combined with the short lap, should ensure he is closer to the pace of the team leader, but in turn this will make the team’s strategy calls especially important.
 
“I'm very excited to have the next race in Buriram Chang International Circuit,” Nobu said. “I would like to make up for my mistake in the last race at Fuji with a good result in Buriram. I’m looking forward to the high average speed track and hot weather at over there.”
 
The Buriram event starts with Friday practice followed by qualifying on the Saturday and the four-hour endurance race on the Sunday.

ルーキー・レーサーの“山中信哉“は、アジア・ルマンBuriram大会に向け長足の進歩を遂げている。

 
クリスマス・正月休暇のレースカレンダーの短い中断の後、来週末(2019年1月11日~13日)タイのBuriram International Circuitで開催されるアジア・ルマンシリーズ第3戦、そして最終戦二つ前の戦いに、山中信哉は戻ってきます。
上海でのチャンピオンシップの第1戦は、チームメイトのAidan Read、Eurasia Motorsportsチームと協力し、LMP3クラス3位の表彰台に立つ素晴らしい結果をもたらし、日本人ルーキードライバーのシリーズ挑戦は、15ポイントを獲得しシリーズポイント6位と手堅いスタートでした。
 
上海の後、Nobuの富士スビードウェイでのペースはプロドライバーのチームメイトと比較し長足の進歩をもたらしました。最終的には車両トラブルでレースをフィニッシュ出来ませんでしたが、自身のパフォーマンスの向上を高いレベルでの戦いで実践するためにNobuはBuriramに向かいます。
 
Nobuは、昨年、バンコック北東400㎞にあるこのサーキットで、チームと共に2日間のテストを行ったので、事前のテストが出来なかった富士よりはこのサーキットをよく知っています。これらの事から、また、1周が短いこのコースではNobuのペースはチームメイトに近づくことでしょう。そして、チームのピット戦略が特に重要になります。
 
Nobuのコメント
『私は、Buriram "Chang International Circuit"での次のレースがとても楽しみです。Buriramでの良い結果で、前戦富士レースにおける私のミスをカバーしたいと思います。高い平均的速度のコースと現地の猛暑を楽しみにしています。』
 
Buriram大会は、金曜日の練習から始まり、土曜日の予選、日曜日の4時間耐久レースと続きます。
 


Facebook
Facebook
Visitas
Visitantes em linha
contador gratuito de visitas Total de visitas
Contacte-nos