Velocidade Online

Mundial - Sport Protótipos

MUNDIAL - SPORT PROTOTIPOS -NOBUYA NO ASIAN LE MANS

Quinta, 17 Janeiro 2019 10:42 | Actualizado em Domingo, 22 Setembro 2019 04:06

Solid Buriram sixth position for Nobuya Yamanaka in Asian Le Mans

 
The third round of the 2018/19 Asian Le Mans Series in Buriram, Thailand continued to show development and promise for Nobuya Yamanaka as a trouble-free run alongside teammate Aidan Read netted the pair sixth position in what was arguably Nobuya‘s best driving performance of the season.
The Eurasia Motorsport entered LMP3 prototype of Yamanaka/Read had topped the timesheets throughout most of practice as the pairing worked on a good car setup for the race, opting in qualifying to save tyres for the race over an outright lap time, which would see Nobuya line up P6 on the grid for the start of the 4-hour race.
 
Another clean start for the Japanese in temperatures of 34 degrees saw Nobu running well in the pack largely maintaining the pace set down as the target by the team to keep the car in contention for later in the race and after a hot but trouble-free stint of over 1 hour and ten minutes in the car Nobu brought the car in to handover to Read.
 
Read then got to work building on Nobu‘s efforts to bring the car up through the field for the next hour bringing the car back into the pits in fourth position for Nobu to re-join the race for his final short 20-minute run to complete the minimum ‘Bronze rated’ driver drive time.
 
It was now that the benefit of saving tyres in qualifying bore fruit as Nobu was able to show his best pace to date setting a very credible 1.33 second lap just over two seconds away from the fastest lap of the race overall and extremely competitive in comparison to his fellow amateur drivers, which considering Nobu’s relative inexperience at this level bodes well for the future in the Asian Series and beyond.
 
With Read pushing in the car to the chequered flag, the pair were satisfied and took comfort from much of what had been achieved over the weekend.
 
 “I am quite pleased with my performance this weekend,” said Yamanaka after the race. “I always think I can and should do better and will keep trying hard to do so, I am pleased with my fastest lap but would like to be more consistent to bring my overall stint time down a bit next time in Sepang. Aidan drove a very strong and clean race and I would like to compliment him on that.”
 
The final round of the Asian Le Mans series takes place at the Sepang International Circuit, Kuala Lumpur, Malaysia on the 22nd-24th February 2019.

山中信哉、アジア・ルマンシリーズ、ブリラム大会で手堅く6位入賞!

 
2018/2019アジア・ルマンシリーズ第3戦ブリラム大会(タイ)、山中信哉は進化と期待させるトラブルフリーの走りを見せ、チームメイトのAidan Readと共に6位入賞を手に入れました。これはNobuの今シーズン最高の走りであったことは間違いないでしょう。
Eurasia  Motorsportsエントリーの山中/ReadのLMP3プロトタイプカーは、レースに向けたセットアップを試しながらの走行で、プラクティスのほとんどを通しタイムシートのトップでした。そして、予選は絶対的なタイムを狙わず、レースに向けて新品タイヤを残すことを選択し、Nobuは4時間レースを6位の位置からスタートすることになりました。
 
34度の猛暑の中、Nobuは、クリーンスタートを決め、チームの指示タイムをキープしながら、後半の事を考えた走りで集団の中を好走し、1時間10分を超える暑いトラブルフリーのスティントを終えReadに車を渡しました。
 
そして、Readは、Nobuの成果をベースにレースを戦い続け、Nobuの最後の20周の短いスティント、ブロンズドライバーの規定最低周回数達成のために、4位のポジションでピットに戻ってきました。
 
予選でタイヤをセーブした結果は、Nobuにこれまでのベストペースとなる走りと、レース中のLMP3全体のベストラップタイムよりわずか2秒差の1分33秒台の素晴らしいタイムを利点としてもたらし、これは彼のライバルのアマチュア・ドライバーと比較的してもとても競争力があり、NobuのLMP3レースでの経験の少なさを考慮すると、Nobuのアジアのシリーズとそれ以降の将来にとって良い前兆と言えます。
 
Readはチェッカーに向け力強く走り続け、NobuとReadのペアは、このレース週末を通して達成できたことに満足と充足感を得ることが出来ました。
 
「今週末の自身のパフォーマンスにとても満足しています( レース後の山中のコメント)。 常に出来ると思っているが、より良い走りをするためにこれからも一生懸命に努力し続けます。自分のファーステスト・ラップに満足していますが、次のSepangでは自分のスティントを通してもっと安定し、少し速いタイムで走れるようにしたい。」「エイダンは非常に強くてきれいなドライブでレースを戦いました。それについて彼を称賛したいと思います。」

アジア・ルマンシリーズの最終戦は、2019年2月22日~24日、にあるSepang国際サーキット(マレーシア、クアラルンプール)で行われます。
 


Facebook
Facebook
Visitas
Visitantes em linha
contador gratuito de visitas Total de visitas
Contacte-nos